あなたの恋人は大丈夫?実はコワイ性感染症

子供は感染症で喉が荒れることが多いです

喉元を押さえながら手鏡で様子を見ている子供

子供というのはとにかく感染症などの色々な病気を拾ってきやすいものです。
特に小学校に入学する前のいわゆる未就学児と呼ばれている年齢の子供達の場合、毎月何がしかの病気をして病院に通っているという話をしょっちゅう聞くものです。
もちろん治りも早いのが子供の特徴でもあるのですが、子供は特に風邪やインフルエンザ等の感染症によって喉を荒らしてしまうことも多く、親の立場としては非常に気になるものです。
子供が感染症によって喉を荒らしてしまった場合、日常生活の中でどのような面倒なことが起こってきてしまうのでしょうか。

まず子供というのは常にお菓子やアイスクリーム等の美味しい食べ物を食べていたいと思っているものです。
ほとんどの子供は甘い物が大好きだからです。
なので甘い物を食べている時は非常にご機嫌に過ごすことが出来ますが、感染症等によって喉を荒らしたことによってそれらの食べ物が食べられなくなると、とたんに不機嫌になってしまうものなのです。
そして不機嫌になってしまえば泣いて親を困らせてしまうことにもなります。
特に毎日育児に家事に忙しい主婦等の場合、子供が不機嫌になってしまうと家事等も捗らなくなり、自分自身までもが不機嫌となってしまうものなのです。
なのでなるべくなら子どもには喉を痛めて欲しくないと思うものなのです。

それから子どもが喉を痛めてしまうことによって、歯磨き等の水を使う行為をしたがらなくなります。
何故なら水等が喉にしみて痛いと感じてしまうからです。
なので毎日寝る前等に歯磨きをさせる役目を持つ親は、喉が痛い状態の子どもに歯磨きをさせる為に大変な苦労をすることになってしまうのです。
このように子どもが喉を痛めるというのは家庭全体にとって一大事なのです。