あなたの恋人は大丈夫?実はコワイ性感染症

パートナーに性病をうつさないための予防と対策

若い世代で今性病の蔓延が問題になっています。
自分が性病になりますと大切なパートナーにまで病気を伝染させてしまいますがどのようにすれば予防や対策ができるのでしょうか。

まず基本は不特定多数の人と性交渉をしないことです。
よく知らない人と性行為をすると感染症になるリスクが上がります、相手も不特定多数の人と性交渉をしているかもしれませんし性病にかかっていないという保証が無いからです。
あとコンドームを着用することも大事になります。
コンドームは避妊目的で使うことも多いのですが実は性感染症を防ぐ目的でも使えます。
多くの性感染する病気はコンドームをきちんと使っていれば感染を防げるからです。
性行為をするときのみならずオーラルセックスをするときにもコンドームを付けましょう、オーラルセックスでも性病が伝染します。

また信頼のできるパートナーであっても性感染以外の経路で性病にかかっている可能性もあるので性行為の前に性器を観察しましょう。
もしも性器にブツブツなどがあれば性病が疑われます、病院で診察してもらい性病の可能性が無いと分かるまでは性行為を避けてください。
あと感染症を防ぐに有効な手段、性行為の前には体を清潔にしておきましょう。
大腸菌などの菌が性器の付近に付着している可能性があるのでそれらを落せば安心です。
また性行為が終った後もきちんとシャワーを浴びましょう。

体調の悪いときには性行為を避けるというのも方法です。
体調が悪いと抵抗力が弱まり性感染するリスクが高くなるからです。

最近では簡単に自宅で性病の検査ができるキットがあるのでもし病院で検査をするのが恥ずかしい場合にはこれを使い、自分で性病を把握して対策しましょう。