あなたの恋人は大丈夫?実はコワイ性感染症
腕を組んでいる恋人

現在性病、感染症として認められているような病気にはさまざまな種類がありますが、「感染症」とされるような多くのものは早期治療が求められるようになっています。
治療をせずに放置をしてはいけない、必ず治療をしなくてはならないと言われても、通常の風邪などだと人の自然治癒力による完治が見込めるわけですから自宅療養をするというような人もいます。
ではそうした中で性病・感染症を放置してはいけないのかというと、最も大きいのは「感染がさらに広まるリスクがある」ということです。
先ほどの風邪の例で言えば、自宅にこもって療養をしている限り、多くの人に風邪を広めるリスクはあまりありません。
しかし感染症を持っている人が治療を行わないまま性行為を行うということになると、その性行為の相手に原因となるウイルスや菌を感染させてしまうことになります。
そこで感染が広がり、新たに感染した人が感染に気付かないまま別の人と性行為をするというようなことになってくると、感染者はどんどん多くなっていくことになるでしょう。
感染した人を間違いなく治療するということが感染拡大を止めるために最も重要なことなのです。

バツの札を掲げる看護師

次に問題になるのが、性病や感染症は自然に治癒する可能性が低いということが挙げられます。
例えばヘルペスは症状自体は自然治癒で収まったとしてもウイルス自体がそのまま残ってしまって症状の再発を招きますし、感染がさらに広がることがあり得ます。
感染の被害を最小限にするためにはヘルペス治療薬を使うことが必要です。
特にファムビルはバルトレックスなどのヘルペス治療薬と比べて即効性に優れているので、服用後すぐに効果が出て症状の悪化を抑えることができます。
ファムビルは薬局で販売されていないので医療機関で処方してもらう必要がありますが、ファムビルのジェネリックであれば通販で買うことが可能です。
ジェネリックは先発薬と同じ有効成分と効能を持ちながら、薬価が抑えられているのが特徴です。
ヘルペスだと誰にも言えない、そんな悩みを抱えている場合でもヘルペスはファムビルのジェネリックを使って治すことができるのです。

クラミジアなどに関しては自然治癒が認められたというレポートもありますが、それも一年間で45%しか無い上、一年もあれば感染が広がる可能性は十分あります。
こうした理由があるため、性病・感染症に関しては放置をせず、治療をしなくてはならないのです。

最近では性病、感染症に効果のある薬がインターネットで売られている場合があります。
薬の通販サイトは病院へ行く必要が無いため、周りから性病とバレる可能性もなく、リピーターが多いのが特徴です。
細菌性の膣病にも効果があるフラジールや、カンジダに効果のあるエンペシド膣錠やエンペシドクリーム、またクラミジアに効果のあるクラビットなど、若年層にも増えている性感染症に効く薬が多く揃っています。
特にクラビットは幅広い病気に適応し、クラミジアなどの性感染症だけでなく耳鼻や呼吸器の感染症などにも効果があります。